スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.05.26 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

いざっ。

やれ、チラシ撮影やら何やらと、下準備も進んでおりましたが、
いよいよ本日真紅組公演の顔合わせ。
今回の出演者は、女性12人、男性13人、合計25人。
プラスご尽力くださるスタッフさんを加えると・・・
いつもに増して大所帯。
顔合わせももうすごい人数。

また、たくさんの人達の力が集結して公演を作っていくんだなぁーと
改めて実感。
しかも、今回は東京公演もある為、9月までの長丁場。

もちろん、大変なこともあるんだろうけど、楽しみで仕方ない。
いざっ、始動!


華の裏では。

さてさて。
本日は、真紅組公演チラシ用の撮影日。
オナゴ衆は皆芸妓さんに変身。
タイムスケジュールがタイトということもあり、
朝イチでバッチリメイクで集合し、昨日演出とともにセレクションした着物を
次々と身につけていくわけで。
私も含め着付けメンバーは、どんどんジャンジャン帯を結んで行く。

この「帯を結ぶ」という作業が、意外と重労働なわけで。
汗だくになって人の帯を結び、ひと通り着せ終わったところで、自分の着替え。
もうバッチリメイクもどこへやら。

そんなこんなで撮り上がった写真を使って華やかなチラシが間もなく出来上がります!
お楽しみにしてくださいませ〜♪


舞台監督だぴょん。

先日、『Bar あの夜供戮亮命燭鬟▲譽灰upしたんですが。
大事な写真をupするのを忘れてました。

そう、それは、全ステージが無事に終わり、バラシも終わり、
打ち上げも盛り上がってたところでその事件は起こったわけで。

百聞は一見に如かず。とくとご覧あれ。

そう、この人、舞台監督のさおりん。

真紅組忘年会で、「さおりん、あの夜の時は、バニー着てなっ♪」
という、オトナ達の無茶ブリにしっかり応えてくれたのでした。
えらいぞ、さおりんっ♪

そんなさおりんの姿をちょっぴり誇らしげな、お父さん、higeさん。

いやはや、うちあげまでも気を抜けない、真紅組なのでした。
うひっ♪

『Bar あの夜供戰▲襯丱

『Bar あの夜供戮終わって数日。
日常生活に戻るや否や、溜まりに溜まった仕事が山盛りで、はひはひ。
写真のデータをやっとこさ開けたので、まとめてup。

今回の『あの夜供戮癲∩芦鵑汎瑛佑3人ずつの2チームがBarのお客さん。
それぞれ30分ずつ。
私は前半、通称『戦国チーム』。
その名の通り、戦国時代を生きた奥方チーム。
誉田さんが演じた、前田利家の奥方、『まつ』さん。
ゆりさんが演じた、浅井3姉妹の『初』さん。
そして私が演じた、山内一豊の奥方、『千代』。
衣裳のテーマは、「お祭り」でした。。。


こちらは後半チーム、通称『独身チーム』。
その名の通り、独身だった3人の女性。
ふるちゃんが演じた、大奥の『瀧山』さん。
響さんが演じた、葛飾北斎の娘、『お栄』さん。
そして、40年幽閉された後、女医として生きた土佐藩、野中兼山の娘、『お婉』さん。
コチラのチームは、ネタ満載で、芸人チーム、と呼んでました(笑)


そして、Barの従業員さんチーム。
前回と同じメンバーは、
あべさんが演じた『ママ』、まるひさんが演じた『ケンヤ』くん。浅雛さんが演じた『ゲキ』さん。
そして今回新たに加わった、マキーラが演じた『タカコ』ちゃん。
1人メンバーは入れ替わったけど、なんだか前回より更に楽しそうなチームになってました。
写真は、『きゃぴるんっ♪』の図。ほらね、浅雛さんもきゃぴってるでしょ?


ここからは、オマケ。
『平成の羽騒動』と言われた、ゆりさんが背負った羽根。
何よりもインパクトドカーン!で出たかったゆりさんが、
「羽根背負いたいのー」と言い続け、結果的に、
皆から「ゆり部部長」と命名された浅雛さんとマキーラが手伝い仕上がった代物。
いやはや、その甲斐あって、かなりのインパクトだったんじゃないでしょかっ♪
 

さらにオマケ。日替わりゲストで幕間に素敵なシャンソンを歌ってくださったサラさん。
あまりにキュートな衣裳で思わず一緒に撮ってもらっちゃいました。


さらにさらにオマケ。私が本番中飲み倒したフルーツビール、『リンデマンズ』。
1ステージで飲み干した量は、1.25リットル。つまり1日2ステだったので、
毎日2.5リットルずつ飲んだわけで。
ホンマもんのお酒ではないとはいえ・・・いやー、さすがにキツかったっす。

さらにさらにさらにオマケ。『ママ、死す!』
休憩中にも笑いを取りに行くことを忘れない、さすが阿部さん!
ちーっス。勉強になりやーっス。


そんなこんなの『Bar あの夜供戮蓮△海譴任しまい。
またどこかでお会い出来る日を楽しみに。
いやはや、本当に楽しゅうございました。
ご来店くださった皆様も楽しい時間を過ごしていただけたのなら、幸いです。

最後のオマケ写真。山形の観光ポスター風に。
花笠祭の衣裳が似合いすぎると評判でした(笑)
自分でも鏡で見てビックリ。ちょっと似合い過ぎじゃないかと。
来年は年齢詐称してミス花笠に応募しようかしらーん。

無事閉店。

真紅組プロデュース2014 新春の夜のホラ公演「Bar あの夜供廖
全ステージ無事に終了いたしました。
次の開店予定がいつになるのか、そもそもあるのかないのか、も分かりませんが、
今回のBarは無事閉店です。

ご来店いただいた皆様、お手伝いしてくださった皆様、応援してくださった皆様、
本当にありがとうございました。
関わってくださった全ての皆様に感謝のハグ&キスを。

取り急ぎご来店御礼でゴザイマス。
またおいおい写真もUPしまーす☆


あのBarがふたたび。

あのBarが戻ってきます。
そして、今回は出演側になれました。
Barのお客さんにやっとなれたよー。
さぁ、皆さんもぜひご来店ください!
そして、一緒に飲みましょー。
-------------------------------------------
この世とあの世の間にある
「Bar あの夜」
2014年1月に新装開店致します!

真紅組プロデュース2014 新春の夜のホラ公演
『Bar あの夜供

1月24日(金)15:30/19:30
1月25日(土)14:00/18:00
1月26日(日)11:30/15:30

in→dependent theatre 1st

※1ドリンク付き※
一般 前売3,000円 当日3,300円
学生 前売2,500円 当日2,800円(中・高・大・専門)
子供 前売2,000円 当日2,300円(12歳以下)

出演
阿部遼子/古田里美/野村ますみ/渡辺ケイ(本若)
中村ゆり(魚クラブ)/美香本響/誉田万里子(オリゴ党)
おかだまるひ(CharatShoU)/浅雛拓/福田真紀子

今宵もあんな女やこんな女が集まって、おしゃべりをしています。
…またもやどこかで聞いたことがあるような名ばかり?!
この女たちが出会う事があるなら、こんな話をしていたかもしれない。
そして、ちょっと変わったあの店員達も健在?

そんな不可思議なBarの物語。
ご来店こころよりお待ち申し上げております。

チケット予約はコチラから→ ビール

 

いよいよいよ

いよいよ、『Bar あの夜供戮遼榿屬泙任△1週間。
今週が最後の週末稽古。
通し稽古でも、前半チームの私は自分達の出番が終わると、
もうすっかり後半チームのお客さん。
おもろいわぁー、とゲラゲラ笑ってみてられる、という(笑)

  

えーっと?
こうやって写真に撮ると、一体何の芝居か分からんのぉー。
ベテラン役者いっぱいの座組のいいところは、こんな公演直前になっても
まだ新しいことに挑戦できるってとこ。
寄せ集めてから仕上げるまでのスピードが断然速い。
まだまだ進化し続けてます。

もう本番!?という焦りや緊張がないといえば嘘になりますが、
楽しみでしょうがない。
是非、たくさんの方々に観ていただきたいです。
 

ほほえましい2人がお届けします

今日の稽古場の片隅では、DM隊長の愛飢男がやってきて、
皆さんにお届けする、公演案内の封入作業をやってくれまして。
そんなうえおが連れて来た頼もしい片腕。
真紅組の長年のアイドル、まなちゃん。

うえおが、「このシールをここに貼ってー」「コレとコレをこの順番に入れてー」と、
イロイロと出すリクエストを楽しそうにさくさくこなすまなちゃん。
数年前は、チケットの裏にハンコをぺったんぺったんしてただけなのに。

うぅーん、おっきくなったなぁー。
そして、作業が終わると、アタシたちとも遊んでくれ、癒しをふりまいてくれ。

そんなまなちゃん、前回の「あの夜」Tシャツがいたくお気に入りだったのですが。
今回のTシャツも気に入ってくれるかしらー。
 

オモロすぎる。

さてさて。
「おしてるや」が終わって2ヶ月。
『Bar あの夜供戮侶慮鼎始まっております。
それにしてもこの現場。
分かっていたことですが、いつもの真紅組でゆーところの、
お姉さん、お兄さんクラスの人ばかり。
つまりは、平均年齢がめちゃくちゃ高いわけで。
この中にいると、私でも一応「若い方」に入ってしまうほどに。

どうやらこの「あの夜」シリーズは、いいオトナ達がやりたい放題する作品のようで。
キャスト陣のオモロさってば、ハンパないのです。
思いついたモンはとりあえずやってみちゃってOKなわけで。
中でもイキイキしてるのが、この4人。
同い年ってこともあって、連帯感がすごいのです。
4人揃うと、そりゃーもぉ、大変大変。


もうね、先輩方のオモロさに、笑いの絶えない稽古場が、
毎回楽しみで仕方ないのねん。
ま、基本的に全て「昭和」なんだけども。
こんなにも先輩方に囲まれる座組は、本当に久しぶりなので、
めちゃくちゃ嬉しいです。
たくさんイイ刺激をもらって、たくさん吸収して、更に邁進せねばー。
 

帰ってきた『おぼろ』

今日は、6月に出演させていただいた、STAR★JACKSさんのイベント、
『Cinema de STAR☆JACKS』(通称:キネスタ)のお手伝いに行って参りました。
私が出演させていただいた『おぼろ』の上映、その他の過去作品の映像も上演されるのだとか。

朝集合してみると、皆、お揃いのTシャツ。どんだけ仲良しやねん(笑)
スクリーンを組み、イベントの各コーナーを作り、客席を作り・・・
初回の上映前の映像チェックも兼ねて、お試し上映。
いやはや、8台のカメラで撮影したってのは知ってたけど、スゴイスゴイ。
もうね、小劇場の映像じゃないです。
「舞台は生で観るもの」であることは確かなのですが、
ここまでのクオリティーとなれば別ですね。

ライブでしから味わえない、臨場感や空気もあるけれど、
ここまでのハイクオリティーの映像となると、逆に映像だからこその迫力がある。

『おぼろ』を生で観たという方にも、見逃しちゃったという方にも存分に楽しんでいただけると思います。
上映後はゲストさんとともにアフタートークやアフターパーティーもあり、
オリジナルグッズの販売、望海マスターのバーや、いおりんシェフの手作りクッキーや揚げもん、
『おぼろ』の衣裳でコスプレ撮影・・・等々、お楽しみがもりだくさん。

そして初回の今日はこんな感じ。

星組のうさぎちゃん達。かわゆす。


なぜか張り合ってうさぎ化する、タイジさん&望海さん。
意外と似合ってる。


ま、もちろん私も我先に、と仕込み中に被っておきましたけど、なにか?


そんなこんなのキネスタは今週末(10日)まで。
ぜひぜひご来場くださいませー☆
詳細・ご予約は、コチラからどうぞ〜→STAR☆JACKSさんのHP

JUGEMテーマ:演劇・舞台

| 1/29PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode