スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.05.26 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

チチトラうどんツアー

「うどん食べにぷらーっと行っちゃう!?」
みたいな、軽〜い感じで行くつもりだった、うどんツアー。
気付けばなんだか11人の大人数旅行になってましたん。

人数の増えっぷりにちょっとビックリしたけど、
それはそれで楽しそうやしえっかー♪と。

集合は23時。
3台の車で神戸港へ。
初めてのフェリーにドキドキしてる人もいれば、何度も利用したことあるメンバーは
さっさと寝床を確保。
皆それぞれに船旅を楽しんでくれたかしら。
それにしても、高松到着寸前に流れるジャンボフェリーの歌は何度聴いてもおもしろい。
ジャンボフェリーに依存しすぎなラブソングなのだ。
「2人をつなぐ〜ジャンボーフェリ〜」って・・・(笑)

そんなこんなでうどん県にAM5:30に到着。
まだ真っ暗やけれども。
まずは、朝イチうどーん!!

1軒目は、『うどんバカ一代』。


食べたのは『釜バター』。
釜玉うどんにバター&粒胡椒が入ってるんですが・・・
初めて食べたけど、こいつぁーいけるぜーぃ♪
こりゃー、帰ってからやる予定のうどんパーティーでも
やってみなくちゃー☆


そして、ペロリと1食目を完食し、次なるうどん屋を探す・・・
ついでに、こっそり温泉に行こうと目論む、悪だくみ姉妹のみわこ&私。


まだまだこんぴらさんに行くにも時間が早すぎるしー、と、
間髪いれずに2軒目、『丸山製麺所』。


ここは、完全セルフのお店。
自分でうどんを温めて、お出汁をかけるー。

初めてのセルフうどんにあたわたする人も続出。ぷぷぷ。

食べたのはシンプルにかけうどん。
お出汁が優しくて、うどんはしこしこ。おーいしーぃ♪


続けざまの2食目でもぺろり。
ここらへんから、うどんの亡者となるみわこ。


今回、本番中につき涙をのんで不参加だったケイちゃんも待ち受けてた!


やっぱ温泉やなっ。
と、悪だくみを決定する悪魔姉妹。


2食目を完食し、こいつは腹ごなししなきゃーということで、
こんぴらさんに向かう一行。
と、こんぴらさんに登る気皆無な悪魔姉妹は、別行動で温泉へ。
だって、さすがにやっとつながったアキレス腱がまた切れたら怖いしねー、と。

高松市内からどんどんのどかな方へ向かい・・・
『塩江温泉郷』にとうちゃーく!


川っぺりにあって、ええ感じ♪


が、しかし。
朝早すぎてまだ開いてない!
とゆーことで、隣接されてる道の駅でぶらぶら&一休み。

そして、ここで有名人と遭遇!
その名もカメラマンの「しおのえ陽一」さん。
ご丁寧に名札をつけてはるっ。
とゆーことで、記念に一緒に写真撮影。

シュールさがたまらなくて大爆笑。
ちなみに右端が陽一さんです。念のため。
えーっと・・・いいんかな、コレ。

で、朝早かったこともあり、ほぼ貸切状態で温泉を堪能。
露天風呂がサイコーに気持ちよくて、もうのぼせる寸前。
気持ちのいい青空を何度も横切る飛行機に向かって、
「ここに全裸の女が2人いますよー!!」と、全裸で手を振ってみたり。
旅の恥はかきすてじゃ。

のんびりと温泉も堪能して、朝から立て続けに食べた2食のうどんもこなせたぞー。
とゆーことで、いざ、3軒目へ!

うどんツアーに来たら必ず訪れる、定番のお店、『山越うどん』。


やっぱり山越へ来たら、釜玉&ちくわの天麩羅〜♪

うぬ。間違いなーい。
ここで、うどんパーティー用の大量うどんも購入完了。
来れなかった皆、待っててねー。

ここでこんぴらさんに行ってた他のメンバーとも合流して、
いざ、現存する最古の劇場、『金丸座』へ。


係員さんが色々説明してくれる。


ここは、物の怪さんが出ハケするとこ。ね、あべさん♪


ここで、バシャーとやってみたい。


楽屋へはこちらから。
せまっ。


楽屋にはお風呂もあります。


回り舞台の下はこんな感じ。
もちろん人が回します。


舞台から花道側へはこんな風に地下通路になってます。


上手の客席はこんな感じ♪


正面の席に座るとこんな感じ♪


これは宙吊りになれる仕掛け。
吊られてみたーい♪


女子旅っ的な写真も撮ってみたり♪
劇場でウキウキする婦女子たち。


まだまだアホみたいに写真撮ったけど、とりあえずはこんなもんで。
それにしても、劇場ってやっぱ、自分たちの場所って気になるのか、
何時間でもいれそうやった。。。

が、しかし。
何時間もいるわけにもいかないので、お次に目指すうどん屋を決める。
もうすっかり全員がうどんのとりこちゃん。


4軒目は、ここ、『大円』。


温とろろにしてみた♪

このコシがたまらんねぇー。

本日のうどんはココまで。
いったんホテルにチェックインして、いざ夜の宴会へ!

とっても栄えてる?商店街を通り抜けて、目指すは
『蘭丸』さん。

お目当てはコチラ。香川名物・骨付鳥。

親とヒナ、どちらも食べましたが・・・
クセになりそうなのは、親かなぁ。
このコリコリ感がたまらんのん♪


もちろんお酒もすすんで、こうしてうどん県の夜は更けていきましたとさ。
元チェッカーズの尚之さんが来る、との情報もGETしたけれど、
待ってられず、ホテルへ帰宅。

で、続きはお部屋宴会。
MOETで、私のお誕生日を祝っていただきました。


もうね、うどんツアーのことで頭がいっぱいだったので、
すっかり忘れてましたよー。

皆、ありがとー。しあわせモンです、アタクシ。



ことことほっこり。

ようやく日常生活に戻り、自炊生活も復活。
肌寒くなってきたので、ついついほっこりあったまるモンばかり作ってしまう。

ある日の晩御飯。

チキンのトマトスープ煮?的なもの。
野菜たっぷりにしてみましたん。
生トマトは苦手やのに火の通ったトマトはむしろ好き。
女心と秋の空。(特に意味なし)

そしてコッチは今日の晩御飯。

クリーーーームシチューーー♪
残りモノのかぼちゃを入れたら、とろーりとした甘さが倍増。
美味しっ。
やばいね、この冬ハマリそうやね。

それにしても、あったかいモノってなんでこんなにホッとするんでしょ。
もちろん、コンビニ弁当もチンすれば温かくなるし、
レトルトカレーだって温かい。
でも、なんかが違う。

やっぱりコトコト煮込んでる間に、ホッとする成分が出来るんじゃないやろかー。
なんてアホなことを考えつつ。
今日もことことほっこり♪


つるこしぱーちぃー。

先週、本若さんの団長・ヘイタクの地元(うどん県)のお祭に遊びに行ってたふっけんから、
うどんぱーちぃーのお誘い。
通称『饂飩屋・伏犬』の開店です♪

バイトだったので行けないかもーと思ってましたが、
思ってたより早く終わったので、つるつるしこしこいただきましたっ。

メニューは『かまたま』オンリー。

美味しくて2玉ぐらいはペロリと食べれます♪

店長の伏犬(ふっけん)。

大のうどん好きで、うどんツアーではいつも隊長を務めてくれます。
そしてとってもハードなツアー内容です。

集まった面々。


このうどんパーティーで、『うどん欲』をかきたてられた、
みわこ、もりしー、私、の3人。
お祭がなくともうどんツアーしようぜーぃ、ということに。

よし、来月あたりにうどんツアー決行だっ♪


今年1発目の

気づけば12月。
あぁ、びっくり。

とゆーわけで、12月に入って早々に、今年1発目の忘年会でしたん。
主催はまるひさん。
演劇関係者が20人以上の大宴会。
なぜか8割が女性。
まるひさんって女性に人気だったのね。

新たにお友達にならせていただいた方もあり、
平日にも関わらず、ついつい夜中まで呑んじゃいました。
楽しい時間はあっという間ですなぁ。



まるひさん、ありがとねーん☆


真紅組的奥飛騨慕情その四

トントントントン・・・と藤原料理長の包丁の音とともに目覚めた翌朝。
あんなにたらふく日本酒を呑んだというのに、なんと目覚めのさわやかなことかっ。
朝ごはんのメインディッシュは、手作り豚まん。
藤原料理長が、ちゃんと前日からネタを仕込んでくれてはりました。さすがっ。
そして、豚まんの生地は、温泉に浮かべて発酵させたんだとか。
「発酵させるって40度ぐらいだから温泉がちょうどいいんだよねー」だってさ。すごっ。

気持ちよく朝風呂に入り、豚まんを食べて準備万端。
とゆーわけで、与平小屋のオーナーさんのご案内で奥飛騨観光へGO!です。

まずは与平小屋から程近い『平湯の滝』へ。

これは、テレビドラマとかの撮影用に作られた人工の滝。
本物の方は残念ながら流れておりませんでした。


今回のアテンダー、仙人藤原さんとケイちゃん&みわこ。

この滝、なんと裏側がトンネルになってます。

なぜかロマンチック仕様。イルミネーションきらきらのトンネル。

で、いくつか設けられてる、滝の裏側が見れる不思議なのぞき穴。


そして、穂高ロープウェイの乗り場めぐりへ。
与平小屋から遠くに見えてた乗鞍がどんどん間近に。


ヘリポートのある公園の傍にはダム。
橋とみれば、「なぁなぁ、たかしまん。『ちょーいちょーいちょーい』やってー。」と
口々に言ううそけなメンバー。
あわよくば、『うそけの橋』でギャラリーから落っこちたたかしまんを落とそうという魂胆だ。
たかしまん、「でけるかっ!」
・・・だよねー。


川辺に温泉がある川にも寄り道。
温泉のおかげで川の水もぬくいのです。


これがその温泉。
おサルさんとか入ってそうだわねぇ。


そんな川べりに降りて遊ぶ演出と女性陣。
ケイちゃんで人魚ごっことかもやってみたり。何が目的だ?


そんなこんなで2日目も楽しくあっという間に帰らねばーという時間に。
次に来る時は、絶対2泊か3泊するねーん!

最後のシメは、高山ラーメン。
帰り道のためには腹ごしらえしなきゃねっ。


いやはや、とにもかくにも楽しい週末でした。
今回泊めていただいた「与平小屋」。今はお知り合いの為だけに営業されてるらしいです。
今回アテンドしてくれた仙人・藤原さんがエジンバラ留学から戻った際には、ここの主を引き継ぐというウワサ。
ご本人曰く、「そうなったら、みんな『MY温泉』が出来たみたいでいいよねー」ってさ。
MY温泉!うっきゃーっ。
再来年からは春夏秋冬と温泉三昧してやるー。

おまけ。
自分用のお土産、おちょこに入ったさるぼぼさん。

かわゆしっ。

絶対また行くねーん。
満天の星空が呼んでるねーん。
穂高の山々が呼んでるねーん。
温泉が呼んでるねーん。

ねーん。ねーん。


真紅組的奥飛騨慕情その参

さんざん食べてはしゃいだ高山を後に、一路奥飛騨平湯温泉へ。
高山市内からは車で約40分。
ところどころ雪の残る山道。冬用タイヤを搭載していないますみ号はドキドキ。
ちゅるんっといったらヤバイよねぇーとかいいつつ。

なんとか無事に到着したのはコチラ。その名も『与平小屋』!


なんと築300年!


そして入るといきなり・・・囲炉裏!
わぁー!!とテンションのあがる面々。


そこら中に歴史を感じるブツたち。


元々の持ち主は、「与平すし」というお寿司屋さんの主さんだったとか。
日本で初めて握り寿司を作った方なんだって!


仲良く枕を並べてすっかり修学旅行気分になったお部屋。


そして、これこれ!温泉!!

源泉掛け流し、だとか。
肌触りが素晴らしく、気ン持ちいぃ〜♪
ちなみにアタシは3回入ったけど、まだまだ入り足りなかった感じ。
オーナーさんから「アトピーにもいいのよ」と聞きつけ、
ケイちゃんはペットボトル3本でお持ち帰り。

そしていよいよメインイベント!
囲炉裏を囲んで宴会!なのです♪

女たちがのんびり温泉を楽しんでる間に・・・
藤原料理長を筆頭に台所にたってる男衆。


テーブルはこんな感じ。
焼き物の具材を美しく並べたのは、演出の仕業。こんなところにも演出のこだわりが・・・。
下の方の3つのお皿にのってるのは、例の『ケイちゃん』。
藤原料理長より、「やっぱりケイちゃんはケイちゃんが作らないと〜」といわれ、
なれない手つきでケイちゃんが作ってくれたケイちゃんですねん。
(どんだけ「ケイちゃん」ゆーねん。)


そして囲炉裏はこう!


メインディッシュのお鍋!
恒例のあべさんつみれはやっぱり絶品。
飛騨名産の赤カブがとろとろしててこれまたたまらんっ。


そして、こちらは飛騨の郷土料理、『朴葉焼き』。
きのこやら薬味やら山菜やらをからめた味噌と飛騨牛&お野菜を朴葉の上で焼くのです。
ひゃーっ!うまし!うまし!うまし!(大事なことなので3回言ってみた)


囲炉裏で皆に愛でられてたのはケイちゃんだけでなく・・・このコも!

囲炉裏で熱燗をつくる用のとっくりですねん。
オットセイのように横たわったとっくりで、お尻をずぼっと囲炉裏の灰に埋めてやるのです。

皆に愛でられるオットセイとっくりに嫉妬したのか、なりきるあべさん。
なんでだ・・・?


美味しいお鍋に美味しい朴葉焼きに美味しいお酒・・・となると、
当然のことながら盛り上がるわけで。
そして呑みすぎるわけで。
そして脱落してゆく人が続々・・・


念願の枕投げは出来なかったものの、
メインイベントである『囲炉裏で宴会』は、大盛り上がりでした。
ま、そりゃそうだわねぇ。


さぁ、次は奥飛騨観光編だ!


真紅組的奥飛騨慕情その弐

そんなこんなで高山に無事到着。
まずは、第一の目的、「高山朝市」へGO!

お天気よくて気ン持ちいぃ〜♪

そして、飛騨高山といえば、これ!

さるぼぼ!


さるぼぼ、さるぼぼ!

と、さるぼぼにテンションのあがる私たち。
それにしても、高山のさるぼぼpushはハンパない。
町中どこを歩いてもさるぼぼだらけ。

そして、朝市といえばあちこちに美味しいものが・・・。
SAでさんざん色んなモンを食べてきたにも関わらず、食べまくる面々。


旅先ではご当地ソフトクリームを食べずにいられないまるひさん。
これは、「飛騨桃ソフト」。一口いただきましたが、甘酸っぱくて美味し!

そして、飛騨といえば、やっぱり飛騨牛!

飛騨牛にぎり。
事前にリサーチしてて、絶対食べたーい!ってアタシが騒いでた一品。

にも関わらず、またまたじゃんけんに負けて皆の分をおごることに・・・。

どうしたら、じゃんけんが強くなれるのか、誰か教えてっ。

そして、高山市内は素敵な建物がずらり。
古い町並みがなんとも情緒あふるるわけで。


どこを撮っても絵になる町並み。


川っぺりもエエ感じ。


エエ雰囲気にテンションもあがるわけで。
テンションがあがるとこんなことにもなるわけで。


その壱の豚まんかぶり写真に続いて・・・
アタシはいったい何の担当なんだ?

そして、仙人藤原さん、東京組の諏訪さん&綾ちゃんとも合流し、
『高山陣屋』にも行きましたん。


全国に唯一現存する郡代・代官所、らしいです。
つまりは昔のお役所ですな。

徳川幕府の時代〜明治維新まで、幕府直轄領のお役所だったとか。
明治維新後は、そのまま使われてたそうな。

素敵な庭園もありますのん。


お天気がよくてぽかぽか。
軒先でごろりとお昼寝したいぐらい。


雪景色の高山陣屋も素敵なんだろな〜なんて思いも馳せつつ。

お次はせっかくなので、全員でお昼ご飯を・・・と。
目指すは飛騨蕎麦のお店『寿美久』へ。

店先に置いてあるバイクも自転車もなぜか唐草模様。なんで?


てるてる坊主までも。なんでなんで?


そして温かい山菜そば。
やさしい出汁のお味と、あったかさにホッ。

それにしても、食べてばっかりですなぁ。

お腹もいっぱいになり、いよいよ最終目的地、奥飛騨の平湯温泉へ。


真紅組的奥飛騨慕情その壱

この週末に、命の洗濯をしてまいりました。

真紅組仙人担当(なんの担当や)の藤原さんのお知り合いが奥飛騨で宿のオーナーをされている・・・
とのことで、一同奥飛騨へ!
詳細はよく分からないまま、「囲炉裏があるから、囲炉裏囲んで宴会するねん!」
という情報のみで喜々として集まった9名。
美味しく呑んで食べて出来るとあっちゃー目のない真紅組メンバーらしいねぇ。

出発は朝の4時。
大阪からは、まるひ号とアタクシますみ号の2台の車が出動。
葉山にBBQしに行くことを考えたら、なんだか今回はすごく近いような気がする。
ってなわけで、のんびり行こう!と出発。

で、ちょこちょこサービスエリアで休憩するわけで。
で、ちょこちょこ食べるわけで。


五平餅をほおばるたかしまん。


まるひさんが食べた黒唐揚げ。
黒いのは、焦げてるわけじゃなく、ひじきと椎茸が衣に入ってるから。
おかげで衣が風味豊かで普通の唐揚げとは一味違います。


お店のおばちゃんから、「かぶっていいのよー」と、
なぜかかぶることをオススメされた豚まんのかぶりもの。
先行きが不安になる写真だ・・・。

そして岐阜県に突入するわれわれ・・・
長良川SAで目にした・・・ケイちゃん!


この後、どこへ行ってもケイちゃんだらけ、という衝撃を受ける。
すごいのね、ケイちゃんって岐阜県の代表なんやね・・・
と、しつこくからかわれてたケイちゃん。
ちなみに、この「ケイちゃん」は、もちろん渡辺ケイちゃんではなく、
鶏肉の「鶏(ケイ)ちゃん」なんだとか。
みそとか醤油とかで鶏肉を漬け込んである、飛騨地方の郷土料理なんだとか。

そんなこんなでガンガン車を飛ばしながら朝日を迎えた私たち。
朝日が真っ向からやってきて目くらましを受けながら走る走る・・・
もうすぐ高山・・・というトコロで最後の休憩で、ひるがの高原SAへ。
先に到着したますみ号は、まるひ号を待つ間、
女3人(みわこ、ケイちゃん、アタシ)でさんざん遊ぶ。

あちこちに雪が積もってることにすっかりテンションのあがった私たちは・・・
雪合戦三昧。いいのか30代の女たち。



ひるがの高原ヨーグルト牛乳。

何と1本300円!たかっ!でも美味そう!
というわけで、じゃんけんで負けた人がおごる・・・というおかしな流れに。
もちろん負けたのは、自他ともに認めるジャンケン最弱なアタシ。

で、雪の合間になぜかモアイ。どういうセレクションなんだ?


さんざんひるがの高原で遊んだ私たちは一足遅れをとることに・・・。
眠気をふりきり、いざ、高山へ!!

ホントに毎晩でもいいのか?

すっかり寒くなってきて、鍋が恋しい季節。
で、恒例のあべ鍋でしたん。
先日の真紅組公演でたくさんいただいたお酒をぜひとも呑もう!というわけで・・・
ビールは最初の乾杯の1本のみ。後は全て日本酒三昧!という限定。

で、鍋は日本酒どどーんと、「常夜鍋」。
ご存知ですか?「常夜鍋」。
お出汁が日本酒ですねん。
具材は、ほうれん草と豚肉、とシンプル。
「毎晩食べても飽きない」、「一晩中食べても飽きない」というところから
名づけられたという「常夜鍋」。

テーブルはこんな様子。
演出が福岡に行ってたらしく、お土産のカラシ蓮根&明太子、
そして日本酒にはやっぱりお刺身よねってことで、鯛と烏賊。
あべさんの刺身包丁が今夜もうなりました。


いやー、アテも刺身も鍋も美味いのなんのって。
皆のテンションもどんどんあがりまくり。
そのおかげかこんなことに・・・。


おかあさんに甘える日本酒に毒された娘と息子?

どんどん空いていく日本酒の瓶。
2〜3時間の間に空瓶がごろごろ。
そして、屍もごろごろ。

毎晩食べても飽きない「常夜鍋」。
しかし、真紅組流にやるなら、毎晩やったら相当ヤバイのでないだろうか・・・。
ケイタイが壊れたり、ケイタイが壊れたりするし・・・ねっ。

それにしても、皆で呑むお酒のなんと美味しいことか。
なんだかんだで本番が終わってもほぼ毎週のように似たようなメンバーで
呑んでるような・・・
どんだけ仲良しやねんって。

そんな楽しい鍋ぱーちぃーの最中、本番中だったツジミヤ。
鍋の前に観てきましたが・・・わんわんにゃんにゃんゆーてる芝居でしたとさ。
ツジミヤがかわいかったからよし、とするっ♪

   にゃんっ♪


ほくほくホワイトデー

今日はホワイトデー。
大好きな人にハグしてもらいましたか?

ハグはさておき、今年は色々いただきました。
たいしたバレンタインもしてないのに、ありがたいことです。



愛があふれる世の中でありますように。
あなたの愛に包まれていられますように。


<< | 2/16PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode